今回は、美しい髪を目指すうえで

重要なアイテムとなってくるドライヤーや、

正しいドライヤーの使い方についてご紹介!

 

乾かし方やブロー方法のちょっとした工夫で、

見違えるほど綺麗な髪になるので、

是非試してみてくださいね!

 

【正しいドライヤーの使い方】

髪は熱に弱く、高温をあてていると

髪が痛んでしまいます。

 

え?じゃあ自然乾燥の方がいいのでは?と思い、

ドライヤーを使用しないという方もいらっしゃいます。

 

しかし、ドライヤーを使用せずに髪を放置していると、

頭皮に雑菌が繁殖して頭皮トラブルを起こしたり、

髪同士の摩擦によって髪を傷つけてしまうことに。

 

しかし、正しくドライヤーを使うことで、

髪を痛めずにサラサラでツヤのある仕上がりに

することが出来ます。

 

その1.タオルドライをしっかりと

極力、ドライヤーを長時間使うことを避けるためにも、

無駄な水分はタオルでしっかりとふき取りましょう。

一枚で終わらぜずに二枚使うというのも有効的。

拭く際は髪をガシガシと拭くのではなく、

頭皮を拭くようなやり方で髪の水分をふき取ってくださいね。

 

その2.ドライヤーは根元からが基本!

毛先は乾きやすいため、乾かしすぎを防ぐためにも、

まずは根元から乾かすようにしましょう。

 

また、癖の出やすい前髪は一番はじめに

乾かすようにすることがおすすめ。

 

手首を左右に動かしながら、

髪をかきわけて根元に風を

当てるようにしながら乾かすことで、

毛先のパサつきを抑えて、頭皮もしっかりと乾き、

雑菌繁殖や臭いの原因をクリアにしてくれます。

 

  • 髪をまとまりのあるセットにしたいなら

ロングヘアの方などは、髪をサラサラと

まとまりのある髪にしたい方も多いかと思います。

 

そんな時は、顔を下に向けて

お辞儀をする角度で首元から大胆に乾かしてみて下さい。

ある程度乾いてきたら、手グシで髪を元に戻して、

優しくドライヤーをあてましょう。

 

  • ツヤを出すためのワンポイント

髪にツヤを出したいときは、手で髪を少しだけ引っ張り、

ドライヤーと髪を平行にしながら乾かしていきます。

 

また、ドライヤーについては、

風量の強いものを使用することをおすすめします。

 

ワット数は1200w以上がおすすめ。

風量が強いとその分乾きも早く、

風によって髪を乾かすことが出来るため、

余計な熱を髪に与えずに済みます。

 

また、更に美髪になりたい方や、

シャンプー選びに迷っている方などには、

ノンシリコンでありボタニカルシャンプーでもある、

ハーブガーデンシャンプーもおすすめします。

 

数あるノンシリコンシャンプーの中でも特におすすめで、

アミノ酸系のシャンプーでもあるため

髪にとても良いシャンプーです。

 

シャンプーやトリートメント選びはもちろんのこと、

その後のアフターケアが綺麗な髪を作るカギとなりますので、

この機会に是非、実践してみて下さいね!

 

ハーブガーデンシャンプーの

<公式サイトはこちら>